皆様の生活に+αをお届け レオパレス21 イベントレポート

人気急上昇中!チョークアート体験講座

開催日:2014年7月27日

2014年7月27日(日)にレオパレスセンター大阪店2階のコミュニティースペース、L+(エルプラス)大阪にて、ご入居者様限定「チョークアート体験講座」を開催いたしました。今回はCAA 日本チョークアーティスト協会の和田憲介先生を講師に迎え、オイルパステルを使用したチョークアートを教えていただきました。
チョークアートは、見たことはあっても描くという体験は少ないため、ご参加者様には貴重な経験となったようです。お部屋に飾って頂ける可愛いものができました。

講師紹介

CAA 日本チョークアーティスト協会 認定講師
和田 憲介 氏

[プロフィール]
・2008年チョークアートに出会い、CAA日本チョークアーティスト協会副会長のもとヴォーク学院で習う。
・2009年基礎コース・プロコース・インストラクターコースを同じく日本チョークアーティスト協会サンチャイルド代表講師のもとで習う。
・インストラクターコースサティフィケートを2011年取得。

今回の製作物

今回のチョークアート体験講座は、初心者の方でも簡単に描ける“マカロン”が題材!
おひとりおひとりの指先で、世界に一つしかない色鮮やかな作品を作成して頂きました♪

使用した画材

オイルパステル

油分が多く、色が伸びて発色やグラデーションに優れたオイルパステル。チョークアートのメインです。

ワックスパステル

オイルパステルとは違い、色と色を混ぜることはできないため、細かい部分やラインを引く際などに使います。

ブラックボード

木板にチョークアート専用の塗料を塗ったもの。ローラーとドライヤーを使って簡単に作成できます。

チョークアートの描き方

材料

  • オイルパステル
  • ワックスパステル
  • ブラックペンシル
  • 複写紙
  • ブラックボード(今回は20cm×20cm)
  • 新聞紙
  • 布巾
  • ウエットティッシュ
  • スプレー

1. 下書きを複写する

ブラックボードの上に複写紙、複写紙の上に下書きを載せて、下書きをペンでなぞって複写します。

複写紙と下書きはブラックボードへテープで貼り付けておくと、ずれることなく複写できます♪

2. 色を選ぶ

白と、お好きな色を選んで、その色の同系色の濃い色または薄い色を選び、計三色用意します。

(例:白・ピンク・赤、白・水色・青、白・黄色・オレンジ など)

3. 色をのせていく

1. 中間色でふち取りをし、影になる部分に濃い色をのせる。

2. 光があたるような部分になるよう、白をのせる。

3. 濃い色と白色の間に、中間色をクルクルとのせる。(ここでちょっとしたグラデーションになります!)

4. 自然なグラデーションになるよう、指でなじませる。(白色で薄い色を、薄い色で濃い色を巻き込んでいくようなイメージです!)

5. マカロンのクリーム部分を白色で塗り、クリームをサンドしている部分のマカロンは、濃い色、薄い色、白をランダムにいれていき、(このとき、あまり塗りこみすぎないよう注意しましょう!)お好きなテキストを入れます。

4. コーティングをする

専用のスプレーをさっとふりまいて、15分~20分程度乾かします。
(スプレーをかけるときは、屋外にでるか、ダンボールの中でやりましょう。空気が悪くなります ><)

完成

イーゼルを使うと

こんな風に素敵に飾れます♪
今回はこちらのミニイーゼルをご参加頂いた皆様へプレゼント致しました!

製作中の様子

作業開始!

真・剣。凝ると止まりません。

見た目よりカンタン!キレイにグラデーションになっていく様は快感です☆

L+大阪のモデルルームの壁にレオパリスくんを描いて頂きました!
チョークアートのレオパリスくんはいつもより数段可愛いですね♥

作品と集合写真

ご参加ありがとうございました!

[ご入居者様限定] 参加者募集中イベントをCheck![ご入居者様限定] 参加者募集中イベントをCheck!